愛知県「H28年度 自動走行の社会受容性実証実験事業」

あま市

行政目標:七宝焼アートヴィレッジを核とした観光振興対策


自動走行車体験試乗会プレスイベント 2016年8月19日(晴天)

あま市七宝焼きアートヴィレッジ第一駐車場内

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「あま市 自動走行車体験試乗会」に伴うプレスイベントを実施いた

しました。愛知県知事 大村秀章様をはじめ、あま市長 村上浩司様、

各社メディアがご搭乗になり、自動走行車(実験車両)を体験されま

した。

【掲載一覧】

●朝日新聞「愛知)自動運転車に乗ってみた あま市で実証実験体験

会」http://www.asahi.com/articles/ASJ8M4642J8MOBJB005.html

●GAZOO.com        ●日本経済新聞

●8.19_Car Watch WEB   ●8.20_朝日新聞尾張版

●8.20_中日新聞尾張版

 

あま市では、8月19日プレス以降、9月18日・19日 あま市在住の小学生、65歳以上の方を対象とし体験試乗会を開催しました。

また、11月18日・19日・20日には、年内最後のイベントとして、市内外を問わず、広く一般の方を対象とした体験試乗会を開催しました。


あま市自動走行実証実験 2016年12月19日(晴天)   

七宝駅→あま市七宝焼アートヴィレッジ区間(2キロ)を実施いたしました。



【実証実験実施結果】

名古屋大学による実施。始点の「七宝駅」は道路が狭く、終点の「七宝焼アートヴィレッジ」付近は交通量が多いことから、安全を考慮し、

南北の直線約800m 区間での自動走行とした。実施区間においては非常にスムーズな自動走行を行うことができた。

また信号認識とそれによる停止発進もスムーズであっただけでなく、加減速といった速度調整や乗り心地も非常に安定していた。
実証実験当日は行政関係者の試乗体験を行った。

 

【愛知県:今後の課題・施策の方向性】

産官学連携自動走行実証実験促進事業(あま市モデル)を通じて、交通不便地対や観光振興対策として実施しつつ、自動走行に関連する

企業等の参画、誘致を進めており、あま市モデルが展開される七宝焼アートヴィレッジは、条件付きで閉鎖空間を確保することができる。
このため、公道において、遠隔型自動走行システムを活用した実証実験を実施する際に、公道実証前のテスト的な実証実験の場としての

活用の可能性が考えられる。