愛知県「H28年度 自動走行の社会受容性実証実験事業」

みよし市

https://www.city.aichi-miyoshi.lg.jp/

行政目標:高齢者対策、交通不便地対策

みよし市自動走行実証実験 2016年10月27日(晴天)

細口公園~西部コミュニティ広場(3.4キロ)を実施いたしました。



公道ルートを自動走行車両にて走行するための『高精度地図ADASmap』は以下のイメージです。 

以下のメディアより、みよし市実証実験の様子が紹介されましたので、

お知らせします。

【Web掲載一覧】
●Car Watch
http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1027151.html
●日経テクノロジーオンライン
http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/103104778/
●RBB TODAY
http://www.rbbtoday.com/article/2016/10/31/146524.html
【新聞掲載一覧】
●日刊自動車新聞(2016 年11 月22 日火曜日)
●日経産業新聞(2016 年11 月4 日金曜日)



【実証実験実施結果】

始点からみよし市民病院を経由し終点に向かうルートであったが、安全確保のため、病院で終わらせるルートが望ましいと判断し、

実証実験当日は始点からみよし市民病院までのルートに変更した。また、みよし市民病院へ向かう右折交差点は、マニュアルに切り替えての

走行とした。直線ルートにおいても、停止線をオーバーしている右折対向車両が多く、その場合はマニュアルに切り替えての走行とした。
実証実験当日は行政関係者、企業関係者、報道関係者の試乗体験を行った。

 

【愛知県:今後の課題・施策の方向性】

みよし市民病院への高齢者の通院や近隣の商業施設へのアクセス向上のための活用の可能性が考えられる。