愛知県「H28年度 自動走行の社会受容性実証実験事業」

南知多町

http://www.town.minamichita.lg.jp/main/

行政目標:日本一人口密度の高い日間賀島の観光振興

南知多町自動走行実証実験 2016年9月23日(曇天) 

日間賀島外周道路西港→日間賀島外周道路東港(1.5キロ)を実施いたしました。

自動走行社会の受容性を調査する目的として、日間賀島在住者35名に試乗頂きアンケート調査を行いました。


公道ルートを自動走行車両にて走行するための『高精度地図ADASmap』は以下のイメージです。

以下のメディアより実証実験の様子が紹介されましたので、

お知らせします。
【テレビ放映一覧】
●NHK おはよう日本(2016 年10 月3 日月曜日)
●NHK NHK ワールド

 



【実証実験実施結果】

漁業組合管理道路であり、地元の歩行者や二輪車が散見されたが、交通量が少ないことから時速40Km での自動走行を問題無く行うことができた。スタート地点の日間賀島西港すぐに急勾配の左折上り坂があり、チューニング(加速調整)に時間を要した。

また、前日が雨天であったため、大きな水溜りが数箇所存在し、減速・回避の経路生成に若干時間を要した。さらに、終点付近のカーブにおいて、

海へのレーザーの照射抜けが生じ、NDT(自己位置推定)が外れてしまうことがあったが、前日のチューニングにて回避し、

当日は問題無く完了した。
実証実験当日は南知多町長や行政関係者、報道関係者の参加もある中、多数のモニター調査を行うことができた。

 

【愛知県:今後の課題・施策の方向性】

島民の移動手段の確保及び旅館や民宿等が行う観光客の送迎サービスへの活用の可能性が考えられる。