愛知県「平成29年度 自動走行の社会受容性実証実験事業」

岡崎市

http://www.city.okazaki.lg.jp/index.html

障がいのあるこどもたちの拠点(医療、福祉)をつなぐ

○2017年11月3日、6日
○非遠隔型(レベル3)
○こども発達センター→岡崎市民病院→三河青い鳥医療療育センター(3キロ)

○実験実施者:アイシン・エィ・ダブリュ株式会社
  ※本実証においての当社の役割は自動運転用地図データの提供となります。


【実施結果】
アイシン・エィ・ダブリュ㈱による実施。道路環境は勾配、カーブが連続するものの、直線区間もあり、片側2車線で速度が出やすい状況であった。昨年度から自社の研究開発の一環として継続的にチューニングを重ねており、ルート全線において非常にスムーズな走行を行うことができた。一部周辺の風景が変わらない直線の橋の区間約300メートルは、自己位置推定が外れたため手動運転に切り替えて実施したが、自動運転から手動運転への切り替えのタイミングなど、事前に運転手に適切にアナウンスされ、技術レベルの高さが確認できた。また、速度調整やカーブへの進入、乗り心地など安定していた。


【今後の課題・施策の方向性】
自動運転の制御や搭載しているHMIを含め、全体的に完成度の高い自動運転であったが、自己位置推定が不安定になる箇所においては、位置精度の向上又はそれを補完する技術が必要であると考える。

企業と市、フィールドを提供する各拠点による協力の下、引き続き将来の自動運転サービスを見据えた自動運転技術の深化に向け取り組んでおり、行政課題解決の可能性が考えられる。