愛知県「H28年度 自動走行の社会受容性実証実験事業」

豊田市

行政目標:①高齢者を中心とした交通事故の削減・緩和、 ②高齢者の外出機会創出/運転・健康寿命の延伸      ③利用者ニーズを満足させる交通手段の確保

豊田市自動走行実証実験 2016年12月12日(晴れ)

国立大学法人 名古屋大学実施により、花沢五区コミュニティセンター~JA あいちA コープ下山店区間(2.7キロ)を走行しました。

自動走行社会の受容性を調査する目的として、豊田市在住の30名に試乗頂きアンケート調査を実施いたしました。